HOME > LifeHack > ナチュエレポイント 抜け感5

LifeHack

< ナチュエレポイント 抜け感4  |  一覧へ戻る  |  ナチュエレポイント 抜け感6 >

ナチュエレポイント 抜け感5

パッと見の、全身の抜け感を出すために重要なことは、

肩甲骨と鎖骨まわりのユニットと腰回りの筋肉の適度な脱力です。

 

「適度な脱力」というのがポイントになります。

 

もう少し、細かく言えば、、、

【最低限の力でその姿勢を維持する】

 

この感覚が重要なのです。

 

バッターでもピッチャーでも、ダンサーでも、

ゴルファーでも、センスや実力のある選手は、無駄な力が入っておらず、

最低限の力で、フォーム姿勢を維持しているはずです。

 

最近は、体幹トレーニングで腹筋や背筋を強化していくのが流行っていますが、

実際の動きの中では、固めてはダメなのです。

野生の動物は、(豹や猫など)動きが美しいですが、腹筋をカチカチに固めていませんよね。

 

美しさの面でも同様です。

 

ハリウッド女優がパーティーで立ってスピーチしている立ち姿で腹筋と背筋を固めている印象はありませんね。

超一流モデルの立ち姿や歩く姿は優雅でなめらかで、決して体幹を固めていないはずです。

 

むしろ最低限の力でその姿勢を維持する感覚で立つのです。

それが抜け感のヒントです。

 

歩く時も立つときも無駄な力が抜けるので逆に多くの筋肉を利用することもできます。

しなやかでなめらかな動きとは、そういうものなのです。

むしろ、歩けば歩くほど、血行がよくなり筋肉がほぐれていくくらいです。

 

ただし、自己流だと難しいと思います。

正しい抜き方、最低限の力を使うやり方、ノウハウは数多くあります。

 

個々の筋肉の緊張度や骨格、癖などをみながら、どのノウハウを使っていくか。。。

そこは、マンツーマンでないと指導しにくい部分ですね。

 

昔、ナチュラルエレガントをクラスレッスンでやっていたことがありますが、

その辺のニュアンスが直接指導でないと難しいので、現在はパーソナル指導のみにしています。

 

是非一度、ナチュラルエレガントを体験してみてください。

 

アポセオシスホームページ

http://www.apotheo.jp/

お問い合わせ

http://www.apotheo.jp/inqfm/application/


< ナチュエレポイント 抜け感4  |  一覧へ戻る  |  ナチュエレポイント 抜け感6 >

このページのトップへ