HOME > アポセオシスブログ > 今やっている修行のひとつ(^-^)

アポセオシスブログ

< 体調含めトレーニング現況 反省(^^;  |  一覧へ戻る

今やっている修行のひとつ(^-^)

現状維持システムって知っていますか?

今やっている修行の一つは、
その無意識レベルで働く現状維持システムに対して、
少しだけ変化を起こさせる、修正することをしています。

例えば、急な用事や連絡が入ってやるべきことが制限される。
やるべきことをしているときにスマホが見たくなったり
なんか食べたくなったりする 等

そんな、現状維持システムの働きに対して、
「あっ来たな」と受け入れて、あえてやるべきことをやり続けたり、
違うことをやってみたりします。

そんな、プチ抵抗を楽しんでやっています。

そのプチ抵抗をやり続けると面白いことが現象界に起きますよ(笑)
理想状態に進んでいる実感や変化も感じますよ。

ただし、大抵抗をすると現状維持システムの強い攻撃に合うのでほどほどがいいようです(^-^)

現状維持システムをわかりやすく掲載していたブログがあったので引用します。

現状維持システムというのは、潜在意識の中にあって、ひとが暮らしていくためにとても必要なものです。専門的なコトバでは「恒常性(ホメオスタシス)」を保つというシステムです。

カンタンに言えば、今のあなたの状態を何も意識しなくても保ってくれるものです。

たとえば、体温とか血圧です。周りが寒くても暑くても同じ体温に保ってくれてますし、血圧も同じくらいにしてくれています。気合を入れて上げたり下げたりし手もすぐにもどります。というか、気合ではどうにもなりません。

それと同じで、こころにもおなじ状態を保つシステムがあります。同じように頭で考えてコントロールできない潜在意識の中に隠れています。それが、働くとあなたの行動や気持ちに変化が起きてきて、元の状態にさせようとします。本能と言ってもイイかもしれません。

ですから、何かを新しくはじめようと思っても、潜在意識の中の現状維持システムがはたらいて、つづけることができないような気持ちをつくってしまうんです。

具体的にいうと、大昔の縄文時代とかもっと前を考えてもらえればわかると思います。

男たちは狩に行ってましたが、村のまわりからあまり遠くにはいかずに知ってる場所でしか狩をしなかったひとは生き残り、冒険を求めて外に出ていった人は、帰ってきませんでした。食べ物も同じです。新しいものには警戒して少しずつしか食べない人が生き残り、何でも食べてしまうひとは、独のある物も食べてしまって、いなくなっていったはずです。

その違いは何かというと、新しモノを見たときに自分でブレーキをかけるかどうかです。狩場でも食べ物でもおなじです。新しいものを見たときに、やっぱりやめておこうという慎重に考える人たちの方が生き延びてきたんだとおもいます。

そういった、見たことのない様な新しいものには生命を脅かすものがあるいう考え方が、脳の奥の方にためこまれていて現代まで生きています。それが、現状維持システムです。決して悪いものではなくて、生きていくためには大切なものです。

その現状システムは、普段のあなたの生活をそのまま同じように続けさせようと頑張っています。そして、急な予定がはいったり、思いもつかないことがおきたらドキドキして、血流を増やしてアドレナリンをアップさせて、なんとか元の平穏な生活にもどすように攻撃態勢を整えます。

それは、外からの刺激だけでなくて、あなたが自分でやろうと思ったことにも作用します。

今までしたこともなかった英語の勉強をするとつまらないとおもったり、飽きてしまうのは、現状維持システムのせいです。ダイエットをしたときに、体重を減らそうと頑張ると、現状維持システムは減らさないように頑張ります・・・・・・


< 体調含めトレーニング現況 反省(^^;  |  一覧へ戻る

このページのトップへ